通信制高校から大学進学できるの?

大学受験のためのそれなりの努力が必要

高校に進学するとき、受験をします。中学などで進路指導を受けますが、学力に応じた学校選択をするように言われます。合格できるかどうかだけでなく、入学後に授業について行けるかどうかもあるためです。全日制の高校はそれぞれの高校で授業のスピードが異なり、早いところで勉強をすればそれだけで大学合格レベルの学力が付くときもあります。しかしレベルの低い高校だと塾や予備校等を利用しないと合格レベルに達しないかもしれません。通信制高校は受験なしで入れ、内容はかなり易しくなっています。卒業しただけでは大学受験レベルに達していない可能性があります。受験の資格自体は得られますが、合格したいならそれなりに受験対策をしなくてはいけません。

大学進学コースや支援のある学校を選ぶ

通信制高校は、元々は仕事をしながら勉強できる学校として設置されました。しかし近年では不登校の生徒の受け入れや、さらに新しい考えを持った生徒の受け入れに対応しています。通学が必要ない学校でありながら、毎日通学できる仕組みを用意しているところもあります。通信制高校に通う生徒の中には、最初から大学受験を目標にしている生徒もいます。その生徒が選ぶ学校として、大学進学コースがある高校があります。通常の高校のカリキュラム以外に、予備校などの受験のための授業が受けられるようになっています。さらに受験のための進路相談などが受けられるところがあります。大学受験のためのサービスが充実しているところなら、大学進学もしやすくなるでしょう。